私たちのリノベーションストーリー
リノベーションのきっかけ リノベーションのきっかけ

生まれも育ちも松江の主人のもとに、熊本から嫁いで1年半。

私たちは、自分たちの暮らしのスペースをできる範囲で快適にしようと思い立ちました。

それまで主人の実家の離れの部屋を拠点として生活していましたが、これから家族が増えていくことや生活スタイルの変化などを考えるとこのままでは厳しいというのが現状でした。

建築のことや地元の工務店のことなど殆ど無知だった私たちは、インターネットを見たり住宅展示場などをまわり少しずつ知識を得ました。

その中でもどんな家が良いのか、自分たちはどんな家が好きなのかと考えたときに私たちの一致した意見は「木を使った家」でした。新築でもリフォームでも木をたくさん使った家に住みたいというのが自然好きな私たちの希望でした。

スエヨシ建設さんとの出会い スエヨシ建設さんとの出会い

そこで、インターネットの検索画面で「出雲 木の家」で検索したところスエヨシ建設さんを知ることができました。

それから、メールで資料請求をさせていただくとすぐにお返事とパンフレットが届きました。営業の方から、一度お話をとのことだったので休みに2人でスエヨシ建設さんの会社にお邪魔しました。

新築かリフォームで迷っていることや自分たちのできる範囲でやりたいということ、なんとなくの時期や希望の仕様などなどざっくばらんにお話しさせていただきました。

ただ、現実な問題になってくるのは果たして一からの戸建てが今の自分たちに見合ったものなのかということやそれにかかってくる資金のことなどでした。

そんな話をさせていただき、まずは現場を見てもらって図面の提案や見積りをお願いすることになりました。

リノベーションのきっかけ リノベーションのきっかけ

はじめは、母屋の建替えも考えていたのでそちらのプランを考えてもらいました。

実際、母屋建替えになるとかなり大がかりな工事になることもわかりました。

私たちは悩んだ結果、母屋から少し離れたところに物置として利用していた小屋を改修することを考えました。その旨を、スエヨシ建設さんにお話したところすぐに新しいプランニングをしていただきました。そして、そちらのプランの方が今の自分たちには現実的だったことを理由に小屋のリフォーム工事をお願いすることに決めました。

限られた空間をどのように居住スペースに変えていくか、リフォームするからには安心して住める家にしたい、私たちの希望を兼ね備えたプランを何度も練っていただきました。

プランをしてもらっている中で出てくる私たちの細かい希望にも、可能な限り応えていただきました。営業さんとは、毎日のようにメールでやりとりをし、図面などの受取りがあるときは自宅の方にも来ていただきました。

私たちの都合でリフォームを完了させたい時期があったので、それに合わせてもらう形でどんどん打ち合わせは進みました。

住宅ローン

スエヨシさんから民間の銀行を何件もご紹介いただき、我が家にあった住宅ローン商品をスエヨシさんと一緒に探しました。

(銀行の初めての『おおせつしつ』で、担当行員さんより詳しくお話しを聞く事が出来ました。)

工事が始まって 工事が始まって

それから、工事着工の日がきました。夏の暑い中でしたが、毎日汗を流しながら作業していただいた大工さんたちもとてもお話しやすい方たちで私たちが分らないことを質問すると丁寧に教えていただけました。その他にも、多くの業者さんが工事に関わっていただき沢山の人の手によって自分たちの住まいが完成していく姿を身近で見ることが出来ました。

内装や外観の細かい打ち合わせは、工事と並行して営業さんや現場監督さんと行いました。壁のクロスや床板細かい箇所まで、工事期間中の打ち合わせが一番多かったかと思います。

ムク材の使用 階段

フローリングは、主人と相談してムク材を希望しました。

スエヨシさんからは、予算に合ったムク材・明るい色を探していただき、木の香りがいい『ヒノキ』に決まりました。

建物が完成して 建物が完成して

約二ヶ月の工事期間を経て、見事にリフォームされた住まいが完成しました。

私たちにとって、それはとても感動的でこれからこの家ではじまる生活で期待いっぱいになりました。図面で見るよりも、やはり実物で見ると感触や空間が体感できより現実的なものになりました。

新生活のスタート 新生活のスタート

引き渡し後、すぐに荷物を移動して新生活がスタート。

キッチンは明るい場所にしたいというわたしの希望に応えていただき、2階の朝から夕方まで殆ど明るい場所に手作りで作ってもらいました。とても居心地の良い空間で料理はもちろん家族の団欒の場所としてこれから活躍してくれるのが楽しみです。キッチンに繋がるもうひとつの部屋も明るく風通しもよいです。お昼寝をするには絶好の場所かと思います。もちろん、わたしたちの最初のこだわりだった「木を使った家」というのは玄関に入ったときから感じる木材の匂いでわかります。外から帰ってくると、この匂いに癒されます。

リフォームなので、元々の梁を現しにしてもらって見た目にも木をふんだんに感じることができます。

他にも、限られた空間の中にも収納を沢山つけていただいたのでとても役に立っています。

主人の希望であった屋上スペースは、2階の屋根の上に設けられ小屋裏スペースから出入りができるようになっています。

昼に青空を眺めながら昼寝をしたり夜は寝そべって天体観測をしたり。先日は、流れ星も見れました。こうして、私たちの希望が詰まった「秘密基地」のような家が完成しました。

スエヨシ建設さんとの出会い、そこからの打ち合わせややりとり、完成までの様々なご協力のもとに出来上がりました。私たちの希望を兼ね備えた住まいを提案していただきそれを形にしてくださったことに大変感謝しています。

ありがとうございます。

これから、家族で楽しく過ごしていきたいと思います。

小屋裏スペース

窓から屋上に出ることができる小屋裏スペース。何に使おうかな。最初は主人の趣味部屋になりそうです。

カーテンレールの取り付け

カーテンレールの取り付けは、私たち夫婦とスエヨシ建設さんと一緒にやりました。

満足の屋上

満足の屋上が出来上がりました。夜は、寝そべって天体観測です。

手すりのペンキ塗り

手すりのペンキ塗りもスエヨシ建設さんと一緒にやらせてもらいました。

外壁の色とサッシの色

外壁の色とサッシの色の組合せ気に入ってます。

キッチンはわたしのお気に入りの場所

キッチンはわたしのお気に入りの場所。タイルの色はこだわりました。

2階の明るいキッチン

2階の明るいキッチンは窓からお隣さんの木の緑も見えます。

3階へ行く昇降式階段

小屋裏へ行く昇降式階段。女性でも楽々降ろせます。

有限会社 スエヨシ建設 私たちのリノベーションストーリー 社長日記 スタッフブログ 瑕疵担保保証制度 ISO9001 JAB